2019年3月に新しいポケットWi-Fiサービスの「どんなときもWi-Fi」が新登場しました。

 

すでに話題となっていて過去最強とか評価されています。

 

では、過去最強と言われている「どんなときもWi-Fi」ですが、本当に使えるのか、

メリット、デメリットをまとめました。

 

どんなときもWi-Fiの5つのメリット

 

では、はじめにどんなメリットがあるかというと、

 

  • 通信制限一切なし
  • トリプルキャリア対応
  • 月額3480円
  • 海外でも利用可
  • 即日発送

 

以上が大きなメリットとなる特徴です。

 

では一つ一つ詳しく説明していきます。

 

 

通信制限一切なし

 

今までにあったポケットWi-Fiサービスでは、「使い放題」の言葉をよく目にしましたが、実際は1ヶ月では使い放題だとしても、3日間で10GBを超えると通信制限がかかり、低速になることがありました。

 

しかし、「どんなときもWi-Fi」は1ヶ月でも、3日間でも通信制限は一切ありません。

 

そのため、どんな大きい容量のデータを使用しても、翌日にいきなり低速での通信を強制されることはありません。

 

トリプルキャリア対応

 

まず「トリプルキャリア」についてですが、

 

「キャリア」とは「au」「docomo」「SoftBank」の3社が該当します。

 

各キャリアは、各電波塔から電波をキャッチし、インターネット通信を可能としています。

 

その電波塔の設置場所が各キャリアによって違うため、場所によっては繋がりやすい、繋がりにくいということが起こります。

 

しかし、「どんなときもWi-Fi」はその3社の電波を全て使用できるんです。

 

自動的に3社の電波の中から1番繋がり易い電波をキャッチして、使用します。

 

その為、今まで1社しか使用できなかったWi-Fiサービスと比べると繋がりやすくなっています。

 

 

 月額3480円の安さ

 

「どんなときもWi-Fi」は月額の使用料金が明確です。

 

プランが1つしかありません。

 

月額4410円のプランです。

 

しかし、実際は「2年割」という割引があり、実質3480円なのです。

 

3年目以降は「2年割」が終了し、月額3980円に戻りますが解約をして再契約をすれば問題ありません。

 

 

海外でも利用可

 

今までのWi-Fiサービスでも、海外で使用できるWi-Fiルーターはありました。

 

今までのWi-Fiルーターは、空港でルーターをレンタルして、更に海外オプションをつける必要がありました。しかし「どんなときもWi-Fi」はレンタルも、海外オプションも必要ありません。

 

国内で使っているルーターをそのまま持って行き、電源をつけるだけで107カ国ですぐに使えます。

 

そして料金も1日1GBで1280円です。

※エリアによっては1日1GBで1880円となります。

 

そして1GBを超えた場合は、低速になりますが、384Kbpsの速度で使用し続けることが出来ます。

 

他社は1GBの使用制限を超えると128Kbpsの速度になってしまいます。

 

 

即日発送

 

「どんなときもWi-Fi」はインターネットで申込みをしてから、端末が手元へ届くまで、最短で3日です。

 

平日13時(土曜日は11時)までに申し込みを行えば、翌日発送が可能です。

 

※納品にかかる日数は以下のエリアに応じて、変わってしまいますが。

  • 関東エリア:1日後
  • 東北・北陸・東海・関西・四国・中国エリア:2日後
  • 北海道・九州・沖縄エリア:3日後

 

 

どんなときもWi-Fiの3つのデメリット

 

それでは次にデメリットも見ていきましょう。

 

  • ルーターが大きい
  • ルーターがレンタル制
  • 最大通信速度が遅い

 

以上の3つがデメリットです。

 

では一つ一つ詳しく説明していきます。

 

 

ルーターの大きい

 

人によってデメリットでは無いかもしれませんが、

 

少々ルーターのサイズが大きいのです。

 

12.7×6.6×1.4cm

 

カバンにいれて持ち歩く方なら問題ないかもしれません。

 

 

ルーターがレンタル制

 

現在の多くのポケットWi-Fiサービスのルーターはほとんどが、端末代を実質0円とし、解約後も返却の必要が無く、手元に置いておく事が可能です。

 

しかし、「どんなときもWi-Fi-」は、解約後に解約月の翌月5日までにルーターを返却しなくてはならないのです。

 

返却出来ない場合は、違約金として18000円を支払わなければならなくなってしまいます。

 

またレンタルですので、契約中の故障(破損・水没・全損など)が発生した場合も機種代金として18000円を支払い、新品と交換しなくてはいけません。

 

しかし、故障のうち自然故障であれば、1年間のメーカーオプションや、月額400円で安心保証のオプションサービスで無料で新品に交換出来ます。

 

 

最大通信速度が遅い

 

「どんなときもWi-Fi」はどこでも繋がるからというわけではないですが、最大通信速度が他社のWi-Fiサービスよりも遅いのです。

 

大手の「WiMAX」と比較をすると、

 

<どんなときもWi-Fi>

  • 下り最大:150Mbps
  • 上り最大:50Mbps

<WiMAX>

  • 下り最大:1.2Gbps
  • 上り最大:75Mbps

 

上りの最大速度は大きく差はありませんが、下りの最大速度は大きくて違います。

 

しかし、あくまでも「最大」速度ですので、いつもこの速度が出るということではありません。

 

以上が「どんなときもWi-Fi」のデメリットです。

 

 

使い方やオプションでカバー出来るデメリットの範囲なのかもしれません。

 

どんな人がオススメ!?

 

これまでメリット・デメリットを紹介してきましたが、この点を踏まえてどんな人が「どんなときもWi-Fi」を使うのにおすすめか。

 

  • いつでもどこでもネットを使いたい
  • 室内でゲームなどをしたい
  • 海外によく行く
  • ミニマリストではなく、いつもカバン持ってますって人
  • 物持ちがいい人

 

こんな人だと思います。

特に私自身は家でも外でもスマホゲームをよくやります。

室内でも繋がりやすい特徴のあるどんなときもWi-Fiは、こういった人にピッタリですね!

ただ、オンラインゲームをやる人は注意が必要みたいなので、以下のサイトを参考にしてみてください。

どんなときもWi-Fiの悪い評判

 

せっかくの料金が安いので、大事に使って節約したいですね。

更新日:

Copyright© どんなときもWi-Fiを室内で使いたい!口コミ徹底研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.