未分類

どんなときもWiFiの電池持ちはどれくらい?電池交換の条件や料金いくら?

更新日:

皆さん、どんなときもWiFiのルーターD1の電池持ちについて気になりますよね?

ポケットWiFiを選ぶ上でも、電池持ちは重要なポイントです。

得に、どんなときもWiFiは3キャリア(docomo・au・SoftBank)入るので余計電池持ちが悪いんじゃないの?

など思う方も多いと思います。

 

そこで、今回はどんなときもWiFiの電池持ちについてはもちろん。実際バッテリーが劣化した際に、電池交換の条件や料金について解説していきたいと思います。

最後まで、ぜひお付き合いください。

どんなときもWiFiの電池持ちはどれくらい?

まず、初めに一番気になる電池持ちについて解説していきましょう。

どんなときもWiFiは、D1という機種です。

 

まず、どんなときもWiFiの電池の容量を他のポケットWiFiの機種と比較してみていきましょう!

今回は、ポケットWiFiでも有名なWiMAXの端末「W05・W06」と比較していきます。

製品名 バッテリー容量 連続待受時間 連続通信時間
どんなときもWiFiD1 3,500mAh - 約12時間
Speed Wi-Fi NEXT WX05 3,200mAh
  • 連続通信(Wi-Fi接続時)
  • 休止待受け(リモート起動あり):約700時間
  • ウェイティング:約50時間
■ハイスピードモード
・通信速度を優先 :約8.1時間
・スタンダードノーマルモード :約11.5時間
・バッテリ持ちを優先エコモード:約14時間
Speed Wi-Fi NEXT W06 3,000mAh デフォルト設定(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時):約 800時間 ■ハイスピードモード(WiMAX2+)
・ハイパフォーマンス設定:約 430 [分]
・スマート設定 :約 540 [分]
・バッテリーセーブ設定 :約 700 [分]

このような感じとなっています。

結論を言いますと、どんなときもWiFiのD1と言う機種は、モバイルルーターの中でも電池持ちは非常に良い方になります。

 

あくまで、どんなときもWiFiの電池持ち約12時間と言うのは、端末の電池が劣化していない状態での話です。

1ヶ月、半年、1年と使えばどんどん電池持ちは悪くなっていきます。

 

それにしても、電池持ちが最大約12時間と言うのは凄いことだと思います。

夜充電をして寝て、起きて出かければ通常使いだったら、余裕で1日モバイルバッテリーなしでも持つかと思います。

でもフルハイビジョンの動画視聴や思いファイルのアップロードやダウンロードをどんなときもWiFiの充電ができない所で1日行う場合などは、モバイルバッテリーを持っていくことをおススメします。

どんなときもWiFiの端末が電池切れした後の充電所要時間は?

これも気になるところですよね。

充電所要時間も先程同様、どんなときもWiFiD1とSpeed Wi-Fi NEXTWX05&W06で比較していきましょう。

製品名 バッテリー容量 充電所要時間 充電電力
どんなときもWiFiD1 3,500mAh 約2時間~約3時間 5V/2A/10W
Speed Wi-Fi NEXT WX05 3,200mAh 約2時間20分 5V/2A/10W
Speed Wi-Fi NEXT W06 3,000mAh 約2時間10分 5V/3A/15W

このような感じになっています。

充電時間は、ケーブルや充電器によって大きく左右されるので、純正のものや高出力のものを使うようにした方が充電時間は短くて済みます。

 

この倍以上かかる場合は、出力が低い可能性が高いです。

既に持っている高出力のものを使用するか新しく買い直しましょう。

どんなときもWiFiの電池交換の条件や料金

最後に、どんなときもWiFiの電池交換の条件や料金見ていきましょう。

上記でも説明しましたが、ルーター電池は消耗品の為どんどん劣化していきます。

 

まず、どのくらいで電池は寿命なのでしょうか?

電池は使い方やどんだけ利用頻度によるかと思いますが、だいたい1~2年程度です。

2年以上でも使用することは可能ですが、すぐ電池の充電が持たなくなるかと思います。

 

ですが、電池が劣化した場合、電池だけ交換することは、不可能です。

どんなときもWiFiの場合は、端末ごと交換になります。

しかも、端末代18,000円(税抜き)が掛かります。

とても高いですよね。

 

その為、モバイルバッテリーで充電しながら使うことをおススメします。

それかお金に余裕がある方は、端末代18,000円(税抜き)払って交換してもらうのもありかと思います。

また、電池を持たせる為に丁重に扱うのも大切です。

充電しっぱなしや、あまり減ってない状態で充電しても余計に電池は劣化します。

なので、100%になった充電を止めるなど、なるべく使い切ってから充電を開始するなど工夫して電池をなるべく長く持たせるようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

 

今回の記事をまとめるとこのようになります。

  • どんなときもWiFiは最大約12時間持つ。
  • どんなときもWiFiの充電所要時間は、約2時間~約3時間
  • 電池交換は不可能で、端末ごと交換になる。価格は18,000円(税抜き)かかる。

という感じになります。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

良ければ他の記事もご覧ください。

-未分類

Copyright© どんなときもWi-Fiを室内で使いたい!口コミ徹底研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.